前へ
次へ

寛永通宝は古銭買取をしてもらえるか

テレビドラマと言えばかつては週に何本かの時代劇がありました。
時代背景は江戸時代などになっていて、髪形や服装は現代とかなり違いがあります。
一部写真などが残されているものの記録映像などはないので本当にそんな髪形をしていたのかなど不明な点はありますが、書物などからある程度は似せているのかもしれません。
時代劇においては一応庶民の生活の風景も描かれていてその時にはお金をやり取りするシーンも出てきます。
そこに出てくる貨幣として寛永通宝があります。
ある時代劇では主役が寛永通宝を武器のように扱うことで知られています。
それだけに同じものが自宅にあると古銭買取で大儲けできるのではと考えてしまうかもしれません。
寛永通宝を古銭買取してもらえるかどうかは業者によって対応が異なり、買取りしてくれないところもあります。
ホームページ上で古銭買取の対象となるものとならないものを並べて表示していて買取不可の欄に挙げている業者もあります。
もちろん古銭買取の対象にしている業者もあります。
なぜ寛永通宝が古銭買取の対象になりにくいかですが、単純に現存数が多いからでしょう。
江戸時代に主に発行されていて、基本的には現代の貨幣が発行される頃には使用されなくなったようです。
ただ使用されなくなってもそのまま保管している人もいて全国に多くの保有者がいます。
となると欲しい人はすでに手に入れているでしょうから、新たに古銭市場に出たとしてもあまり欲しがる人がいません。
欲しがる人がいなければ古銭買取の対象にもなりにくくなります。
寛永通宝で知っておきたいこととして、かなり多くのデザインがあったことでしょう。
現代の硬貨は造幣局で一括して造られていますが、寛永通宝はそれぞれの地域で造られていてそれぞれで大きさや背面の文字などが異なります。
中にはもともと製造数が少ないものもあってそれに関しては一定の価値があるとして買い取り対象になることもあります。
一般的なものなら1枚最高500円ぐらいにしかなりませんが、希少価値のあるものなら1万円以上するものもあります。

Page Top