前へ
次へ

過去に発行された記念硬貨は古銭買取可能か

お金の中でもよく使うのが硬貨かもしれません。
現在日本では一円玉から五百円玉までが発行されていて、デザインとしては長く変わっていないものもあれば何度か変更されているものもあります。
十円玉などは昭和20年代に発行されたものがギザ十として一部のコレクターに人気があるとされます。
それ以外にはいろいろなことを記念した記念硬貨の発行があります。
通常の硬貨のデザインと異なりそれぞれの記念にちなんだデザインで発行枚数も限定されています。
金貨や銀貨など額面以上でないと入手できないものもあれば、額面で銀行などで交換して入手できるものもあります。
古銭買取においては過去に発行された記念硬貨に対応してくれるかどうかですが、それぞれの業者において対応は異なるでしょう。
古銭に関してはコレクターがいてその人たちが欲しがれば価値が上がりますし欲しがる人がいなければ価値は上がりません。
紙幣となるとどうしても発行年によっては傷みが激しいものもあるでしょうが、硬貨はかなり古いものでも形がきれいに残っているものもあります。
熱などで溶かされない限りにはかなりの年数形として残ります。
日本が貧しかったころの記念硬貨となると発行枚数も少なく持っている人も少ないので一部古銭買取の対象になる可能性があります。
しかし最近発行されて今銀行で入手できない記念硬貨は非常に多く出回っています。
銀行では入手できないものの、一般の人が多く持っていますしコレクターも持っているでしょう。
となると古銭買取をしても買う人がいないので古銭買取の対象外とされています。
自分の周りでは珍しくても、コレクターにとってはごく一般的な記念硬貨のこともあります。
もちろん例外の記念硬貨もあってそれらが古銭買取の対象になることもあります。
高度経済成長期にオリンピックや万博がありそれらが行われるときにも記念硬貨が発行されました。
その中の一部は数が少ない割にはほしい人がいるので古銭買取の対象になるようです。
業者によって対応が異なるのでまずは査定をしてもらうと良いでしょう。

Page Top